税金の払い戻し


2007年に住宅を建築または購入・増改築するのに住宅ローンを利用した方は、申告すれば住宅ローン控除が受けられるかもしれません。条件に該当すれば、是非、確定申告の際に申告しましょう。

住宅ローン控除は「住宅借入金等特別控除」といいます。住宅ローンの税金控除は、年末の住宅ローンの残高によって税金が控除されます。2007年度税制改定によって、控除の期間を最長10年と15年を選べるようになりました。

もちろんですが、所得税を支払っていることが原則です。共有名義の場合は、共有者それぞれが控除を受けられます。共有名義の場合は、共有者の合計所得が3000万円以下の場合です。

確定申告で重要な書類は住宅ローンの残高証明書です。残高証明書は、融資を受けている金融機関から送られてくるものですので、なくさないように保管しておきましょう。

また、受けている住宅ローンの全ての物が必要です。住宅ローンの繰り上げ返済をしている場合は注意しましょう。繰り上げ返済をして、ローン残高がない場合は税金の還付はありません。

住宅ローン控除は敷地にも適用されます。ただし、住宅と一緒に購入した場合です。

新築住宅の場合の適用条件

1.住宅の床面積が50平方メートル以上あること。
2.上記の床面積の半分以上が自己の住居として使用されること。
3.住宅ローンの返済期間が10年以上あること。
4.控除の対象となる年の名義人の年間所得が3000万円以下であること。
5.住居を取得後、6ヶ月以内に住み、適用を受ける各年12月31日まで住み続けること。


Copyright © 2008 住宅ローンナビ. All rights reserved