固定か変動か


住宅ローンを借りる時に迷うのは、金利の選び方です。住宅ローンは金利によって返済額が大きく変わってきます。固定金利を選んだ方が安心かもしれませんが、金利の動向によっては変動金利にしたほうが有利だったということも考えられます。

どちらが良いとは一概には言えません。融資を受ける方がどのようなライフスタイルかということによっても違ってきます。

住宅ローンの支払総額を最初から確定したいのであれば、全期間固定金利の住宅ローンを選ぶと良いでしょう。変動金利でローンを組んでしまうと、将来の返済額が、金利が変わることによって多くなってしまったり、将来設計に支障が出てくるかもしれません。

支払いの総額が最初から分かっていれば、家計のやりくりがしやすくなります。住宅ローンの借入期間が短い方は、変動金利を選択すると良いでしょう。

数年で金利が大幅に変わってしまうということはありません。固定金利は変動金利よりも高く設定されているため、返済額が多くなってしまうことが予想されます。

また、繰り上げ返済を考えている方も、変動金利を選択すると有利になる場合が多いようです。固定金利型住宅ローンでは、繰り上げ返済をするとき、手数料がかかります。

変動金利型住宅ローンですと、繰り上げ返済をするときの手数料がかからない場合が多いようです。住宅ローンの融資を受けた後で、親からの援助が受けられた場合など、返済に余裕がある場合は、変動金利を選ぶと良いでしょう。

住宅ローンの借り換えを考えている方は、変動金利を選ぶと良いでしょう。住宅ローンは金融機関で激しい競争になっています。借り換えの場合に受けられる金利の優遇など、有利な場合が多いです。


Copyright © 2008 住宅ローンナビ. All rights reserved