繰り上げ返済


住宅ローンの繰り上げ返済とは、毎月の決まった返済額よりも多く返済して、住宅ローン残高を減らしてしまうことです。そうすることによって、返済期間を短くすることもできますし、または期間を変えずに毎月の決まった額を減らすこともできます。

住宅ローンの繰り上げ返済のやり方は2通りあります。まず、返済期間を短縮する方法です。毎月の返済額は変えずに、返済する期間を短くするのです。こうすると、支払う総額が抑えられます。これは、収入の多い世帯におすすめです。

もう一つは逆で、支払期間を変えずに、毎月の返済額を減らす方法です。こちらは、支払う総額が少し増えてしまいます。ですが、毎月の支払う額が減りますので、その分生活が楽になります。これは、お子さんの教育費など、他の出費にお金を回したい世帯におすすめの方法です。

住宅ローンの繰り上げ返済では、一般的には手数料が発生します。手数料を払って高くつくということも考えられます。繰り上げ返済を何度も行うよりも、まとめて行った方が効率的です。

住宅ローンの繰り上げ返済の注意点は、繰り上げ返済のしすぎでの資金不足です。支払ってしまったお金は戻ってきません。資金不足になって、他の支払ができなくなってしまっては困ります。

また、金利が見直しされて高くなってしまった時に、手元にまとまった資金を残しておくことで、その分の対応ができます。

余裕があるからと言って手元のお金を繰り上げ返済にほとんど使ってしまうことのないよう、注意しましょう。現金の蓄えは必要です。


Copyright © 2008 住宅ローンナビ. All rights reserved