返済額を減らす


住宅ローンの借り換えの目的は、支払いを軽くすることです。住宅ローンの返済の負担が大きい場合、住宅ローンをもっと早く払い終わりたい、という時などに利用する方が増えています。

支払いを軽くするためには、元の住宅ローンの金利よりも低い金利のものに借り換えることです。

最近は、金融機関どうしの競争が激化し、住宅ローンの借り換えをする顧客を呼び込むために金融機関もいろいろなメリットをつけているようです。ただし、借り換えをするときには手数料がかかりますので、その金額も考慮に入れましょう。

借り換えを行う時の3つのポイントは、返済残高がどれくらいあるか、残りの返済期間はどれくらいあるか、そして金利はどれくらい差があるかです。

まず、ローンの残高がどれくらいあるのか調べてみましょう。残高は少ないと、有利になるとは限りません。残高が多く有れば、軽減額も多くなります。

次に、ローンの残りの返済期間ですが、期間が短いと、借り換えをするメリットはありません。かえって諸経費でマイナスになってしまう恐れがあります。10年以上あれば、借り換えのメリットはあると言われています。

次は金利ですが、既存のローンの金利と、新規のローンの金利を比べてみましょう。金利の差が0.5%程度では、あまり軽減される金額に大きなメリットはないでしょう。やはり、1%、もしくは2%の差があれば、大きなメリットが出るということです。

借り換えのメリットがない場合は以下の通りです。
・現在、2%程度の長期固定金利で借りている。
・現在、優遇金利適用の短期固定金利で借りている。
・返済完了が近い。
・一括返済のめどが立っている。


Copyright © 2008 住宅ローンナビ. All rights reserved